私たちの思い

一般社団法人DHマネジメント協会(DHMA)は、歯科衛生士として生涯働きつづけられる環境を整えるための取り組みを行っております。

私たちが生涯“歯科衛生士”で在るためには、医療の知識と技術に加え、人を育てることができるマネジメント力を身につけることが大切だと考えております。

継続して働きつづけられる環境を整え、スタッフ教育や運営のマネジメントができる人材を育成し、医院で継承していくシステムを構築するサポートをすることが私たちの努めです。
そして、患者さんと長期にわたる関係を築いていける人材の育成を目指しています。

良いときも、大変なときも、患者さんと時間を共有し、何かあれば相談される身近な存在として健康に寄与できる歯科衛生士でありたいと考えています。

輝かしい未来を目指して

少子高齢化社会を迎え、雇用における多くの問題が話題になっています。
離職率の高い歯科業界では、今後ますます人を育てることができる“人財”が求められます。これからは歯科の知識や技術に加え、「組織マネジメント」の知識と技術を備えた歯科衛生士が歯科業界の支えになると考えています。

私たちは、そのときどきにみなさんを導く道標の星の役割を果たしていきたいと考えています。

一般社団法人DHマネジメント協会
代表理事 塚本 千草